へバーデン結節とプシャール結節

40代金後述になって 指の第はじめ関節にむくみと痛みという病態が出てきました。
そのうちに指の関節が曲がってきてしまい リュウマチではないかと心配になって病舎に行きました。
診断の結果は へバーデン結節はでした。
後 今度は指の第2関節が腫れてきてしまい また病舎に行ったところ それはプシャール結節という関節の病魔だということでした。
ともリュウマチではなかったのは幸いでしたが 関節痛と指の変形には 今現在も悩まされている。
日々で困ることは特にありませんが 痛みが出た時は対策しかありませんので極めて辛いです。
後は 指が変形してしまっために醜いしかたになってしまったことは 女として悲しいことだ。
プシャール結節の場合は 関節痛こそありませんが 持ち合わせる指輪一団が一切はめられなくなりました。
その上 指輪がどうしても飛びなくなってしまい ようやく消防署の解放における装置で取り除きて味わう羽目になってしまいました。
こういう病魔は 根本的な検査がない結果 関節痛を軽減するために 薬を塗ったり支援をはめたりするしかありません。
一番良い対策としては 指を使わないことだそうですが 日々に対してもちろんマミーとしては不可能ことです。
余りに痛みがある時は 極力その指は使わないようにはしていますが 次いで指の変形が癒えることはありませんし 厚くなってしまった関節が元に立ち戻るという効果もありません。
リュウマチでとは違いますので 形態の気掛かりは大きいですが あまり意思に病むことはなく たとえ醜い手でも隠したりせずに堂々と生活していこうとしている。

リョウシンJV錠

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ